将来の目標がない

受験をするなら志望校を決めなければいけない。
これは当たり前のことです。

ですが、そもそも「なぜ受験をする」のでしょうか。
目標や夢はありますか?

なんとなく大学生になって、なんとなく就職をして、なんとなく辞めてフリーターになったという人生をたどった人は大勢います。
はっきり言って、勿体ないですよね。

大学って、タダで行けるわけじゃないんですよ。
お金もかかりますし、受験生は1年間ぶっ通しで勉強します。

もし志望校が決まっていないのなら、将来の目標について考えてみてください。
何になりたくて、どういった勉強が必要なのか。
目標が決まれば、おのずと志望大学が決まってきます。

18歳の段階で明確な将来のビジョンを描けている生徒はほぼいないでしょう。
27歳で有名なベンチャー企業を立ち上げたCEO兼代表取締役社長はこう言っていました。
「大学入学時から、将来のビジョンが見えていた。」と。

こんな生徒はまれです。
ほとんどの生徒が、なんとなくのビジョンを描き、なんとなくの目標を持って世に出ていきます。

先ほどお話したベンチャー企業の社長は、18歳から描いていたビジョン通りに、4年で卒業し、就職をして就職の際には「4年働いたら会社を辞めます」という宣言をして言葉通りに会社を辞め独立し、成功しました。
こんなビジョンが、全員が全員描けたら問題ないのですが、そうはいきません。

自分の目標を見出だせない場合はどうすれば良いのか?
しっかりビジョンを描いていないと、後々大変なのでしょうか。

今すぐ大学へ行く理由は?

幼稚園の園長をしていて、67才の時に法学部を卒業し、69才の現在で心理学を専攻しているという大学生がいます。
はっきり言って、見た目はどこにでもいるおばあちゃんですが、素晴らしい経歴をお持ちの大学生でした。

結論からいえば、別に高校を卒業してから今すぐ大学に行かなければいけないわけではありません。
無理して、好きでもないことを学ぶ必要はないのです。
近代の日本では、高校卒業後に大学へ行かなければいけないという決まりのようになっていますが、別に定年を過ぎてから大学へと通う方もたくさんいるのですよ。

社会に出てから、学びたいことを見つけて大学へ入るのでも、充分に間に合います。
別に新卒じゃなければ働く場所がないというわけではありません。

青春18きっぷで旅をしよう

青春18きっぷって聞いたことはありませんか?
18歳の学生に向けた、高校3年生の夏休みを利用して、5日間電車が乗り放題になる切符です。

目標が見いだせない、将来のビジョンが浮かばない、そんなときには、旅をしてみてはいかがでしょうか。
ちょっとやそっと、住み慣れた街を離れたところで危険はありません。
夜寝るところさえあれば、どうにでもなります。

田舎の方へ行くと、人々はかなり優しいです。
頼んでいなくても、いろんなものをくれたりしますよ。

都会を離れて、たまにはのんびりするのも良いですね。
また、住み慣れた街を離れて、旅の中で目標を見出だすのも良いかもしれません。

夢がないということは、悪いことではありませんよ。
夢ある人だけが学校に行くわけじゃありませんからね。

夢がなくても、大学生になるのもかまいません。
夢があるとスムーズに話は進みます。

目標が見いだせないという方は、決して「焦らないこと」が大切です。
志望校が決まらない時には、大学へ通う理由について考えること。

として、大学になぜ通うのかわからなければ、一度就職するということも視野に入れてください。
親御さんは、お子様の気持ちを尊重して、志望校選びに付き合ってあげてください。

志望校、どうやって決める?

a0001_012418
志望校は、どのように決めているでしょうか?
人によって選ぶ基準などは異なるかと思います。

近年では、偏差値30のギャル女子高生が名門大学を目指すという映画が流行っていましたね。
あの映画を元に、志望校の決め方についてお話ししましょう。

まず志望校とは、その言葉通り、「志望」する「学校」です。
あなたが心から望んで選ぶ学校。
ということは、どこでもOKということになります。

偏差値など気にせず、学力など気にせず「東大を目指す!」と言ってみてください。
言うのはタダです。

志望校なんて、行きたいところを言えばOKなんです。
学力がなくても、志望校を目指すのは勝手です。

大切なのは、志望校合格を目指してどのような勉強法に取り組むかということなのです。
参考:http://ko3m.com/dream

上記サイトは、慶應義塾大学を目指す学生のブログです。
志望校の決め方なんて、どうだっていいんですよ。
理想は、追い求めるべきです。

まだまだ学生なんですから、希望や夢は持ちましょう。
そこから、現実を徐々に見ていきましょう

現実的にお話しましょう

ちょっと非現実的な話になってしまいましたが、このように理想を持つことはとても大切なんですよ。
夢があるのであれば、それに向かって頑張りましょう。

志望校を決める際は、まず第一段階として偏差値と相談です。
大学入試をする際にはどの大学を受けるか決めなければいけませんし、決定が早ければ早いほど、早くに入試対策を始めることができます。

目標もなく勉強をするのは無謀です。
志望校選びの際には、偏差値と相談しましょう。

現在の学力が偏差値40程度だとしましょう。
そこから、偏差値60の大学を目指すのは決して無謀ではありません。

偏差値とは、各テストにおいて平均点を偏差値50として分布のことを言います。
平均点を取ると、偏差値は50だということになります。

偏差値を参考にすることで、今現在、どの大学に進学することができるのかを知ることができます。
そして、自分の偏差値よりも少し高めの大学を志望校としておくと良いでしょう。

もし偏差値が下がっていくようなら、志望校もランクを下げなければいけません。
志望校はできれば、第1、第2、第3まで選んでおきます。

いろいろな大学をチェック

何かを選ぶとなった時に必要なのは、「選択肢」です。
選択肢の数が多ければ多いほど、良い選択ができます。

日本中には数多くの大学が存在しています。
その大学をすべて知るのは無謀です。

でも、視野を広げてみてください。
もっと、子供さんに合った良い大学があるはずですよ。

大学を探す際は、インターネットサイトを参考にしてみると良いでしょう。
サイトでは、条件に合わせた大学をおすすめしてくれます。
学部別、偏差値別、地域別など。

注目すべきことは、入試の日程や大学の学部です。
志望する学部があるのなら、ある程度志望校は絞れます。
入試の日程を見てみると、併用志願が可能な大学はたくさんあります。

ウソをつかないように

親が行かせたい大学へ、そうやって志望校を選ぶ学生は増えています。
最近の学生は、「意思決定能力」にかけています。

最も重要なことは、志望校選びではウソをつかないこと。
農学部に行きたかったけど、親は将来のことを考えて経済学部を進めているというケースもよく見かけます。

どれだけ厳しくても、可能性がゼロなことはありません。
正直に行きたいところを志望校にして、志望校合格を目指して学習してみてください。
偏差値30から早稲田に合格した人、偏差値40から東大に合格した人など、数えきれないほどいるのですよ。