文学部の勉強内容

文学といえば、「人間学」を中心に学びます。
様々な学問分野から、人間の文化についてアプローチします。

人間学が好きだという方にぴったりの分野であり、文学の他にも、地理学、哲学、心理学、史学などを学びます。
文学部の学科によって専攻がわかれています。

近年では、学問自体である学際化が進んでおり、論理学や宗教学、教育学、民俗学などの関連分野も学ぶことができます。
また、そんな分野を取り入れた学科も増えている傾向にあります。

学科や専攻によっては、学ぶ内容も授業も全く異なります。
たとえば、文学科で中心となっているのは、文学作品を読んだりレポートを書いたり。

心理学では、実験や実験結果の分析、レポートの作成などが中心となっています。
希望に合わせて志望校を選びましょう。

文学部の将来といえば多種多様です。
教員やカウンセラーなどの専門性の高い分野へ進む方もいれば、企業に進んで営業を行う方もいます。

人間と言うものが深く理解できる分野です。
将来なりたいものがあるのなら、それに合わせて大学を選んでみましょう。

文学部の受験傾向と勉強方法・入試対策

文学部では、ほとんど英語、国語、日本史、世界史と入試科目が課されています。
国公立大学では、ほとんどの場合全科目必要だと考えて、志望校に合わせた入試対策を取り入れていきましょう。

文学部は、あらゆる面から「人間」というものを追求する分野です。
合格した後も、社会人になっても学んでいく分野だといえます。

大学によっては、少人数制での教育に徹底しており、学科が一つになり文学部としてまとめられているところもあります。
そこで、大切なのは専攻したい分野に合わせた志望校選びです。
志望校が決まったら、過去問に取り組んで、その大学の入試傾向を見てみましょう。

おすすめの大学

早稲田大学の文学部は、文化構想学部と文学部が編成してできた学部です。
4年制でそれぞれ入試傾向や対策についてもいろんな予備校で紹介されている名門校です。
早稲田大学の文学部は、偏差値68と比較的ハイレベルで、その次に青山学院大学が続きます。

青山学院大学の偏差値は65程度です。
上智大学や立教大学の文学部も、偏差値が高い傾向にあります。

偏差値は関係ないと考えると、日本文学を学びたいのであれば大東文化大学などはどうでしょうか。
日本文学科があり、専門的な研究を行うことができます。

Comments are closed.

Post Navigation