薬学部の勉強について

a0006_001790薬学部で学ぶことは、薬剤師資格の取得のための知識や技能です。
創薬関係の研究をするために必要な知識を勉強したり、医療関連の資格取得を目指して勉強します。

将来は、薬剤師になりたいという方が多いでしょう。
薬剤師の資格を取得するには、受験資格である養成課程を受ける必要があります。
規定の科目を修了することが必要で、その受験資格を取得できる学校に入学しなければいけません。

薬学部では、薬剤師を目指すための臨床系学科と、創薬研究などを行う創薬系学科が設置されています。
将来なりたいものに応じて、進学先を選ぶ必要があります。

薬学部の受験傾向と勉強方法

薬学部は、国立は定員募集も少なく、偏差値は医学部の次の高い傾向にあります。
私立の薬学大学では、合格しても卒業までに1200万円程度の学費がかかります。

薬剤師の国家試験は、3月に1度あるだけですから、敷居の高い学部だと言えるでしょう。
受験に関しては、薬学部は工学部よりも圧倒的に入るのが難しいと言われています。

レベルの高い大学では、4年制がメインとなっていますし、薬学より入るのが簡単な工学部へいけば、薬の研究に関して幅広い知識を習得できるとも言われています。

薬学といえば、理系だと考える方が多いでしょう。
ですが、近年のグローバル化に伴い、英語も重視している大学がたくさんあります。
第一志望に英語が必要なら、対策を早めに始めておきましょう。
大学受験傾向でよく言われているのは、英語は文法問題と長文が大半を占めるというもの。

長文は3割程度解けたら問題ありませんから文法読解に焦点を当てて、志望大学の過去問に取り組みましょう。
過去問は何度も同じものに挑戦するのではなく、数年分の過去問に挑戦して、他の薬学系大学の過去問にも少し目を通しておきましょう。

おすすめの大学

偏差値がさほど高くない薬学系大学といえば、城西国際大学薬学部。
偏差値は44程度で、学生中心主義を抱えている、面倒見の良い大学です。
横浜薬科大学も人気です。

ノーベル賞受賞学者が学長で、とても広いキャンパスに展望ラウンジがあるなど、学生生活も快適に過ごせそうです。
大学の名前こそ知っている方も多いでしょうが、慶應義塾大学薬学部は、偏差値67というハイレベルな大学。
リッチについても申し分なく、都会で薬学系大学といえば慶應義塾大学の右に出る大学はありません。

Comments are closed.

Post Navigation