げんしけんの紹介

げんしけんとは、木尾士目による漫画作品です。
2005年に講談社漫画賞並びに文化庁メディア芸術祭にノミネートされています。

げんしけんとは、「オタク文化」の一環である、アニメや漫画、ゲームを総合して発足した大学サークルの「現代視覚文化研究会」の略称です。
「現視研」というわけですね。

マンガやアニメ、ライトノベル、イラスト、ゲームプラモデル、コスプレやサブカルチャーなどが取り上げられており、一般向け、男性向け女性向けなど多様に渡り描かれています。
物語はサークルを中心に展開していきます。

サークル以外の人間関係や講義などの風景の描写はかなり少ない漫画です。
連載当初は、オタク学生の活動を通じて、コメディータッチに描かれていました。
後からコメディタッチを消しつつ恋愛や心理描写へとシフトした青春模様を描く漫画となっています。

作品のモチーフは、作者の出身校である筑波大学にあるサークル、「現代視覚文化研究会」です。
作品タイトルと同じ名前のサークルは、筑波大学に実在しています。

キャンパスの外観は中央大学をモデルに書かれており、取材協力欄には中央大学広報課と書かれています。
月間アフタヌーンで、2002年から2006年まで連載されていました。
4年間の大学生活を、約1ヵ月単位で描いています。

げんしけんのあらすじ

オタク文化の垣根を超えるべく誕生した、総合的サークルも今や、活動目標や存在価値を失って、ただのオタクのたまり場と化してしまいました。
新入生のオタクである笹原は、ある種のサークルの入ろうと意気込み、げんしけんを見学します。

そこではユニークな「歓迎」を受けて、いったん距離をおくものの、新会員と交友を経て入会。
サークル内で、着々と成長を遂げていきます。

コスプレイヤーやコス職人、漫画家やコミフェスに参加するなど。
オタク活動を進めていく中で面白可笑しく大学サークルの生活が描かれています。

個別指導塾について

個別指導塾とは、その名の通り個別に指導を行う塾です。
個別指導塾では、自分でカリキュラムを作成することができます。
融通が利くので、自分に合った最適なカリキュラムを作成することができるのです。

決められた時間に授業があると、他の活動、部活や習い事などとの兼ね合いが難しいでしょう。
そこで、個別指導塾では、部活や習い事で抜けてしまった授業があっても、補うことができるのです。

少人数制が基本ですから、大勢の前で質問できない消極的な生徒や、質問すること自体が苦手な生徒でも積極的に「わからない」が言えます。
わからなかった個所は、個別に重点的に勉強することができます。

授業についていけないということがないのです。
生徒一人一人にあった学習方法を見出だすことができる塾です。

学習環境と少人数制の魅力

自宅で勉強をすると、一人で勉強をすることと同じですから、静かな環境で落ち着いて勉強ができますよね。
小さい子供を見ているとわかりますが、一人でいる時はおとなしく、落ち着いて何でもできるのに、みんながいると落ち着きがなくなって集中できないという子がいるじゃないですか。

この傾向は、小さな子供だけではありません。
いくつになっても、性格は変えることができませんから「一人のほうが落ち着く」という子供はたくさんいるのです。

個別指導塾は、少人数制なのに、学習環境が整っている塾という場所で勉強することができます。
落ち着いた環境で、信頼できる先生、そして、学習できる場所。
この3つが揃っているところが、個別指導塾の魅力です。

自宅学習だと、ゲーム、マンガ、テレビ、ソファやパソコン、スマホなど。
学習に集中できないこともあるでしょう。

塾だと、「ガムを噛みながら勉強する」なんてこともしなくなりますからね。
それだけ、生徒は集中して学習しようとします。

また、一番上手な先生とか、子供が気に入っている先生の授業を選んで受けることができるのも魅力です。
ほとんどの場合が、科目ごとに異なっているので、個別指導塾ではそれぞれお子様に合った先生を選びましょう。

個別指導塾に向いている生徒

授業についていくために、予習や復習をしたい、集団指導塾の授業でわからないことを学びたい。
そんな生徒が、個別指導塾へ通っています。

通常は、家庭教師または集団指導塾との併用をされている生徒がほとんどです。
集団指導塾の授業で受けて、わからない個所は重点的に個別指導塾で学ぶことができるのです。

集団塾では、一度授業についていけないだけで大変です。
それをフォローするには、自宅学習、個別指導塾、家庭教師という3つの選択しかありません。

家庭教師と個別指導塾との併用をされている生徒は、予習と復習を繰り返す勉強スタイルが得意な生徒です。
成績を徐々にアップしたい生徒には向いています。