1. >
  2. 漫画紹介

かくかくしかじかとは

かくかくしかじかは、東村アキコによる自伝的な漫画です。
作者の東村アキコはアニメ化された海月姫や、ドラマ化された東京タラレバ娘などの有名作品を次々と発表している人気漫画家で、このかくかくしかじかもこの漫画がすごい!2015オンナ編で1位を取ったほか、第19回文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞や第5回ananマンガ大賞の準大賞などを獲得しています。

かくかくしかじかは2012年から2015年まで、集英社のCocohanaで連載されていました。全5巻の単行本が発売されています。

かくかくしかじかのあらすじ

この作品は東村アキコの自伝的な作品で、主人公を始はじめ登場人物たちは実在の人物をモデルにしています。

宮崎県の女子高校生・林明子は幼いころから漫画が好きで、高校3年生のころ、美術大学に進学して漫画家デビューを目指すことにしました。同じく美大進学を目指す友人の誘いで「日高絵画教室」に通い始めます。
その教室の講師である日高先生のスパルタ指導で明子はこれまでの自信を打ち砕かれますが、先生の厳しくも優しい指導のもと、美大進学を目指していきます。

全国各地の美大を受験するものの不合格続きで、あきらめかけたところに金沢美術工芸大学の合格通知が届き、明子は金沢でひとり暮らしをすることに。大学ではバリバリ絵を描いて在学中に漫画家デビューすることが明子の夢でしたが、なかなか思うようにいかず思い悩んでしまいます。

その後も漫画家になるまでに明子には様々な悩みが生まれますが、日高先生との交流を通して明子は自分のやりたいことに気づいていきます。

芸大・美大志望者におすすめ

この作品は、芸大・美大への進学を目指している受験生にぜひ読んで欲しいと思っています。
私は美術系には詳しくないため、芸大・美大を目指している生徒にはなかなかアドバイスができないのですが、この作品には美大受験生、そして美大生ならではの悩みが詰まっていると思います。明子を指導してくれる日高先生はかなり厳しいなと思う場面は多々ありますが、その言葉はとても愛に満ちていて、受験生の背中を押してくれるのではないでしょうか。また、この作品は大学生活までではなく卒業後、漫画家としてデビューするまでの様子が書かれているので芸大・美大卒業後の進路を考える上でも参考になります。

自伝的な作品ということもあり現実でシリアスな話題も多いのですが、全体的にギャグやコメディ調の表現がバランスよく入っていて、おもしろく読み進められます。芸大・美大志望者だけでなく、受験勉強の息抜きにおすすめの作品です。

ハチミツとクローバーとは

ハチミツとクローバーは、羽海野チカによる漫画作品です。
それを原作として、テレビアニメや実写映画、テレビドラマなどが登場しています。
「ハチクロ」と略して呼ばれることもあります。

美術大学が舞台で、いわゆる「青春」のストーリー。
ハイテンションなエピソードもあれば、感動的なシーンもあります。
恋愛に不器用な大学生の恋模様や、自分の才能に迷う若者たちの姿が描かれています。

2000年から連載が始まり、単行本も1巻発売されたものの、休刊に伴って連載は移行されました。
おしゃれな学園コメディという内容でしたが、大人の女性向け恋愛要素を多めのストーリーに変更されました。

コミックスは、全10巻販売されています。
この作品は、過去に友達がいなかった作者の「こうだったらよかったのに」という妄想から生まれたそうです。

片想いの恋愛を描く一方、美術というモンスターに取りつかれている「はぐみ」をめぐる物語が同時並行であります。
2003年には講談社漫画賞少女部門を受賞し、テレビアニメは2005年に放送スタートしています。

ハチミツとクローバーのあらすじ

美術大学生の竹本は、同じアパートに暮らしている先輩らに囲まれて、大学生活を過ごしていました。
美大一の変人で問題児と言われている森田先輩に振り回されながら、時々大学に来なくなりしばらくたつと、わけのわからないお土産と大金を手に入れて戻ってくるという森田と過ごしています。

竹本は、ある日桜の木の下で見知らぬ少女と出会い、一目惚れします。
その少女は、「はぐみ」です。
人見知りが激しく、口数も少ないはぐみですが、彼女が作りだす作品は見る人を引き寄せる才能に満ち溢れていました。

はぐみや森田、主人公である竹本、そして親友である花本。
様々な登場人物が出てきますが、それぞれの成長、そして葛藤、片思いの恋愛模様など。
どうにもならない歯がゆさが残る、大学生のラブストーリーです。