動物のお医者さんについて

動物のお医者さんは、佐々木倫子による少女漫画です。
1987年から1993年に、「花とゆめ」という月刊誌で連載していました。

2000万部以上もの売り上げを記録したヒット商品で、2003年にはテレビドラマ化されています。
内容は、札幌市にあるH大学獣医学部を舞台に、獣医師を目指す学生たちの日常をコメディタッチに描いています。

実は、主人公が飼っているシベリアンハスキーのチョビは、当時、シベリアンハスキーブームを引き起こすという社会現象を起こしています。
また、同様に作品に出てくる大学のモデルとなった北海道大学獣医学部の志望者数は、跳ね上がるという現象も起こしています。

動物のセリフとして、ふきだしなしの文章が聯たリングされてコマ内に書かれるという演出があります。
これは、テレビドラマ版でも活用されています。

動物のお医者さんのあらすじ

H大学獣医学部にある解剖学教室から物語は始まります。
主人公は、高校3年生、大学にこっそり忍び込み、これから実験に使われるであろうシベリアンハスキーと出会います。

主人公は、H大学の教授から「獣医になるだろう」と予言されて、シベリアンハスキーを押しつけられます。
そこから、主人公は本当にH大学の獣医学部に入学し、物語はスタートします。

主人公と親友、そして教授、ペットのハスキー「チョビ」
物語は、この登場人物たちを中心に流れていきます。
獣医師を目指す大学生の学生生活を描いた、感動あり笑いありの物語です。

動物のお医者さんを読んで

実は、先ほどもお話たように「動物のお医者さん」を読んで、獣医師になろうと思った学生は多く、北海道大学では死亡者がかなり多くなりました。
今でもその影響は変わらず、この漫画によって生まれた獣医師は数多くいます。

動物たちは人間の言葉を話すわけがありません。
話をさせてしまうと、それは漫画と現実とがかけ離れてしまいます。

そこを、「動物たちのお医者さん」では上手くセリフを出して、面白おかしく仕上げられています。
普通に吹き出しを付けて動物が話すと本当に話をしているみたいですが、明朝体でレンタリングされているだけなので、まさに「今動物たちはこうやって思っているのだろうな」と想像できるところが、可愛いのです。

動物たちのお医者さんは、「携帯電話のない時代」の漫画作品です。
だからこそ、こういった社会現象まで巻き起こしたのでしょうね。

げんしけんの紹介

げんしけんとは、木尾士目による漫画作品です。
2005年に講談社漫画賞並びに文化庁メディア芸術祭にノミネートされています。

げんしけんとは、「オタク文化」の一環である、アニメや漫画、ゲームを総合して発足した大学サークルの「現代視覚文化研究会」の略称です。
「現視研」というわけですね。

マンガやアニメ、ライトノベル、イラスト、ゲームプラモデル、コスプレやサブカルチャーなどが取り上げられており、一般向け、男性向け女性向けなど多様に渡り描かれています。
物語はサークルを中心に展開していきます。

サークル以外の人間関係や講義などの風景の描写はかなり少ない漫画です。
連載当初は、オタク学生の活動を通じて、コメディータッチに描かれていました。
後からコメディタッチを消しつつ恋愛や心理描写へとシフトした青春模様を描く漫画となっています。

作品のモチーフは、作者の出身校である筑波大学にあるサークル、「現代視覚文化研究会」です。
作品タイトルと同じ名前のサークルは、筑波大学に実在しています。

キャンパスの外観は中央大学をモデルに書かれており、取材協力欄には中央大学広報課と書かれています。
月間アフタヌーンで、2002年から2006年まで連載されていました。
4年間の大学生活を、約1ヵ月単位で描いています。

げんしけんのあらすじ

オタク文化の垣根を超えるべく誕生した、総合的サークルも今や、活動目標や存在価値を失って、ただのオタクのたまり場と化してしまいました。
新入生のオタクである笹原は、ある種のサークルの入ろうと意気込み、げんしけんを見学します。

そこではユニークな「歓迎」を受けて、いったん距離をおくものの、新会員と交友を経て入会。
サークル内で、着々と成長を遂げていきます。

コスプレイヤーやコス職人、漫画家やコミフェスに参加するなど。
オタク活動を進めていく中で面白可笑しく大学サークルの生活が描かれています。